同僚OLに黒タイツで愛されたいアンソロジーコミック(鮭、他)感想!黒パンスト好き必見!?ありきたりなストーリーだけど、結構好きなストーリーあり!でも画が・・・

同僚OLに黒タイツで愛されたいアンソロジーコミック(鮭、他)感想

これね、表紙の絵柄が良すぎるから、これに騙される人が多いかなと思ってしまう!そもそもそも、この表紙の画を担当したカゲシオ先生は、本作中に作品を描いてないよね?せめて、何か描いて欲しいと思ってしまう!

で、実際に『同僚OLに黒タイツで愛されたいアンソロジーコミック』に作品を描いているのは、

鮭(頼り馴染み)
楠見らんま(彼女の黒タイツを破るのがオレの今日のお仕事です)
和田ちん
衝撃の平山
土ノ下かえる
おこさまランチ
出雲アユカ
天野うずら
八十八騎

の面々!黒パンストにまつわるストーリーの詰め合わせなわけ!

その中で個人的に好きなのが『頼り馴染み(鮭)』だね!子供の頃、ケガをして同級生の男の子におんぶされた嬉しい思い出を持つ女の子が、偶然、会社でその男の子がいてアプローチするというストーリー!まあ、ありきたりなんだけど、この話がとっても好き!社会人になって、酔っ払った女の子をまた同じようにおんぶしてあげるなんて、イイ話じゃん!

しかも、その女の子は凄く積極的に迫ってくるタイプで、自分から告白しちゃうタイプ!男が奥手だからこれもアリかなと思ってしまう!この話が一番好きだな!

『彼女の黒タイツを破るのがオレの今日のお仕事です(楠見らんま)』も似たような内容!

で、この漫画は、どの作者さんも画がイマイチなんだよね!画のイマイチさもあり、いいストーリーもあるんだろうけど、イマイチ面白みを感じないのも事実!表紙詐欺といわれてもいいような気もしてしまうところが哀しい!もう少し画が良ければ、それなりに楽しめるんだろうけど・・・