湯けむり小町(のきん)ネタバレ感想!バイトにやってきた若い男の子のエッチな視線を感じて、ついカラダを許してしまうお姉さんがエロ可愛い!

おすすめ

湯けむり小町(のきん)ネタバレ感想

ほんわかしたストーリーがとっても好きなのが『湯けむり小町(のきん)』です。
このシチュエーション、イイよね!
もし自分の家のそばに銭湯があって、そこの番台に立っているのが、自分よりも少し年上のお姉さんだったら、それだけで通う理由になるよね!

しかも、そこでバイト募集があれば、思い切って応募してみたくなるのもわかる!
でも、明らかにお姉さん目当てで応募してくるのも、どうかとも思うけど・・・

のきん先生の描く女の人の画って凄くイイよね!
少しぽっちゃりした感じで、それでいて太いってわけじゃなくて!
ちょうど、30歳くらいの女の人で、少し肉付きが良くなってきた、本当にエロいカラダって感じなのが好き!

お風呂を掃除するのに、エロさが無い下着ってのも、リアル感があってイイね!
こんなお姉さんと一緒になってお風呂掃除できれば、時給500円でも最高のご褒美かもしれない!
しかも、少し濡れて乳首が透けている感じってのが、妙にエロい!
これじゃあ、誰だって勃起してしまう!

本作は、お姉さん視点で、お姉さんの”売れ残ってしまった感”っていうのと、それでも”まだまだイケるかも!”って感じの描写がとってもイイ!
”そんなに自分を卑下することも無いかな!”っていう前向きな心情も作品を暗くしていなくてとっても好き!