女体化した俺の処女がふたなり彼女に奪われる件について(ツマサキレーベル)ネタバレ感想!女体化ウイルスでチ●コが生えた女友達が、女になった仲良しの男友達を犯しちゃう展開に興奮!

女体化した俺の処女がふたなり彼女に奪われる件について(ツマサキレーベル)ネタバレ感想

あまり”ふたなり”系の作品は読まないんだけど、たまに読むとハマってしまったのが『女体化した俺の処女がふたなり彼女に奪われる件について(ツマサキレーベル)』です。
そういえば、本作を読んで思ったのはTSF物語(タクミが性転換してファックされまくる)だね!
ちなみの本作は、性転換しちゃった原因ってのが女体化ウイルスってことになってるね!

本作の主人公は、ひろくん(女体化ウイルスで女になっちゃった元男の子)とさくら(女体化ウイルスで女のままチ●コが生えてしまったふたなりちゃん)の2人!
さくらは、チ●コが生えたことをキッカケに、元男の子の彼氏(今は女)のひろくんを犯しまくる計画を立ててしまう!
そこでひろくんを呼んで、家族にも誰にも相談できずにどういたらいいのか分からなくなってしまったから、代わりにひろくんをケダモノのように犯したいなんて言っちゃう女の子!

この辺りの展開が面白い!
一応、さくらってチ●コとマ●コの両方が付いているから、ひろくんに竿を舐められながら、また指でマ●コに弄っちゃう愛撫で超感じちゃうわけ!
この辺りは、ふたなり特有の展開だよね!

また、ひろくんのアソコにチ●コを突っ込んで、実況しちゃうさくらが、妙に男っぽくて最高!
実況しながらのSEXは、興奮しちゃうよね!
これは、次作も出して欲しいと思ってしまった良作です!