永遠の青(室吉隆)ネタバレ感想!ハードボイルドな彫師と、それを取り巻く女たちの物語!エロ要素も多いんだけど、一応一般部類に入るみたい!これが結構ハマる!

室吉隆

永遠の青(室吉隆)ネタバレ感想

エロ漫画とは全然路線が違うのが『永遠の青(室吉隆)』です。
女しか彫らない彫師と、その彫師を取り巻く女たちの物語!
結構、ハードボイルド系のストーリーなんだけど、話の構成がしっかりしているせいか、凄く引き込まれる!

一応、女の裸も多いんだけど、エロジャンルではなく、一般の方に入るみたい!

1巻完結でアイドルに彫ったり、色んな女に彫っていくんだよね!

しかも、絵柄に意味があって、それがストーリーと合わさって、凄く引き込まれてしまうわけ!

しかも、最初は嫌味が入ったヤクザの女(山水の姐さん)が、最後は彫師のこと好きになってるし!

個人的には、5話(傷)6話(痛み)あたりの話が好きですね!
人間味あるっていうか、ほっこりするストーリーなんですよね!

たまには、こんなエロの入った漫画もイイね!

墨の一:再生
墨の二:怒りと強さ
墨の三:相応しい彫
墨の四:門出
墨の五:傷
墨の六:痛み
墨の七:師匠
墨の終:契り

⇒無料の試し読みはこちら!