官能の方程式(瀬奈陽太郎)ネタバレ感想!シチュエーションが最高にエロい!これは抜ける!しかも肉欲的な画に興奮!

官能の方程式(瀬奈陽太郎)ネタバレ感想

久しぶりにハマってしまった瀬奈陽太郎先生のエロ漫画で最高に抜けると思った1つが『官能の方程式(瀬奈陽太郎)』です。
本作は、”官能”をテーマにしているんだけど、どの作品もシチュエーションが最高に抜けるわけ!
しかも、瀬奈陽太郎先生独特な肉欲的な画タッチが、ストーリーに興奮を覚えさせる!

この作品の中でおすすめの1つを選べと言われても困るくらい、どれも秀逸なエロさがあります。
しいて挙げるなら『官能のリビドー(1)』かな?
やっぱりJKモノはイイね!
しかも、体操着(ブルマ)ってのも興奮させる!

そして少し歪んだ高校生の三角関係を描いた『官能の三角関係』も抜ける!
ちなみに、これもブルマなんだよね!
やっぱり、ブルマ最高!

あと、ちょっと変わった設定で面白いのが『官能の三角関係』だね!
本作は、女子高なのに体の事情(性同一性障害)の男の娘(?)との関係を描いた作品だね!
個人的には、これが一番興奮させられた!
亜梨沙の肉欲さは最高!

『官能の方程式(瀬奈陽太郎)』に収録されているのは、下記のとおりです。

官能のリビドー(1)
官能の方程式
官能の夜想曲
官能の五月雨
官能の昼下がり
官能の三角関係
官能のジェラシー
官能のバスタイム
【おまけ4コマ】かんのう!
官能のリビドー(2)
官能のクリスマスイヴ
官能の共犯者
官能の徒桜
官能の雨宿り

⇒無料の試し読みはこちら!